コアスリマー 副作用

コアスリマーHMBに副作用があるのか徹底調査!

コアスリマーHMBに副作用の危険性があるの!?

 

コアスリマー 副作用

 

 

コアスリマーHMBといえば筋肉を守るサポートをする「HMB」、体力の継続力を高める「クレアチン」、ダイエットをサポートする「麹酵素」

 

とダイエットをするために必要な成分が厳選されているサプリメントですが、

 

コアスリマーについてGoogleで検索してみると関連するキーワードの1番上に

 

コアスリマー 副作用

 

というワードを発見。

 

コアスリマー 副作用

 

 

こんなのを見ると「コアスリマーHMBは副作用があるのか!?」と心配になってしまいますよね(;^ω^)

 

そこで、本当にコアスリマーHMBには副作用があるのかを成分を分析し調査しました!

 

>>>コアスリマーの公式サイトで成分をチェックする コアスリマー 副作用

 

 

コアスリマーHMBに副作用はあるのか?

コアスリマー 副作用

 

まず結論から申しますと、コアスリマーHMBは「栄養機能食品」で医薬品ではないので副作用はありません。

 

では、なぜコアスリマーHMBはネット上でそこまで副作用について検索されているのでしょうか?

 

その理由は、

 

「HMBという成分がまだ世間一般に普及しておらず、危ない成分なのではないかと思っている方が多い」

 

というのが原因だと思われます。

 

そこでまずは「HMBとは何か」を簡単に説明します。

 

コアスリマーサプリの「HMB」とは?

コアスリマー 副作用

 

HMBとはお肉や野菜などの一般的な食品にも含まれているもので、安心して飲むことができ

 

トレーニングの効率をサポートすることで知られています。

 

筋肉の元である「タンパク質(プロテイン)」は様々なアミノ酸が結合しているものですが、

 

このアミノ酸の結合を手伝い、タンパク質を生成してくれ筋肉を守ってくれるものが「HMB」という成分の特徴です。

 

ですので、ただ単にたんぱく質を摂取するよりも効率的に筋肉を増やし、基礎代謝を上げることを可能にできるのです。

 

女性の方は「そこまで筋肉を増やしたくない」という方も多いと思うのですが、

 

女性の場合よほど激しい筋トレをしない限り筋肉は簡単につきませんので安心してください。

 

飽くまで、普段の食事からタンパク質を十分にとり、HMBで筋肉を守って基礎代謝を上げることで痩せやすい体質にするのが目的です。

 

HMBは副作用がないのは分かったけど、その他の成分は?

コアスリマー 副作用

 

コアスリマーHMBの主要成分としてHMB以外に挙げられるのが「クレアチン」と「麹酵素」です。

 

クレアチンとは体力の継続力を高めるものとして知られ、バスケの神様といわれるマイケル・ジョーダンもいち早くこの成分を摂取していました。

 

女性の場合でも、クレアチンを摂取し日々の生活の中に活力を得ることで基礎代謝がさらに上がる効果が期待できます。

 

麹酵素はいわゆる「酵素」そのもので美容には欠かせない成分と言われています。

 

酵素ドリンクのように酵素を加熱処理する必要がないので「生きたままの酵素」を摂取できるのもコアスリマーHMBの特徴です。

 

麹酵素の中には「米」「ひえ」「あわ」「きび」「紫黒米」「たかきび」「大麦」など7種の酵素が凝縮しているのも特徴です。

 

 

【コアスリマーHMBの全成分】

HMBカルシウム、クレアチンモノハイドレート、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、アフリカマンゴノキエキス、チャ抽出物、黒胡椒抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、イナゴマメ抽出物、デキストリン、乳酸菌(殺菌)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、香料、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Mg、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、L-グルタミン、葉酸、酵素処理ルチン、ビタミンC、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、シクロデキストリン、クエン酸、ビタミンA、ビタミンB12

 

コアスリマーHMBは副作用がないどころか、安心もトップクラスの品質です。

コアスリマー 副作用

 

コアスリマーHMBは医薬品ではありませんが、医薬品レベルでの品質管理を行っています。

 

というのも「GMP認定工場」という厚生労働省が定めた一定の品質管理ができている工場でコアスリマーHMBは製造されているので

 

医薬品と同じレベルでの品質管理ができていることの証明になるのです。

 

このようにコアスリマーHMBは

 

成分をとっても、製造工程をとってもトップクラスの品質

 

ですので、副作用などは心配する必要はなさそうですね(^^)

 

 

 

コアスリマーの参考になる記事

page top